スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小曽根真&塩谷哲 Duet

昨日はKitaraで小曽根さんとSLATのピアノコンサート。
03年にも観に行ったけど、そのときは2階席の一番はじっこで、SLATなんて背中しか見えなかったっけ・・・
今回は友だちのおかげでかぶりつき!
演奏するふたりの表情、アイコンタクト、息づかいまで聞こえて・・・
ふたりともものすごく楽しそうに弾いていた。
SLATの演奏を聴いて、小曽根さんが「ん~・・・」と声を漏らしたり、二人とも弾きながら足でトントンとリズムをとって。
攻めるSLAT、受けてたつ小曽根さん!
「そう来るの?」「これならどうだ!」と、ピアノで会話をしていた。
ホント~に楽しそうで、聴いてるこちらも楽しかった。
アンコールラストの曲は、小曽根さんが9.11のテロを思って作った曲・・・
これはすごく心に沁みた・・・・

そして、今回は会場がKitaraということもあり、うるさくしないよう、目立たないよう、「ひっそり」を心に誓い、そのように心がけていたのだけど・・・
やっぱりというか、何というか、またもやヤラカシテしまいました(汗)
違うんだよ~~~ちゃんと理由があるんだよ~~~!
せっかくだから、どちらの人もよく観たかったのよ~~~~!!
でもフツーはあんなことする人、いないだろうなぁ~(汗)
ご本人たちには相当ウケていたようで、すっかり笑われてしまった。
しかも友だちがサイン会のときに、小曽根さんに「あれはナイスだったね!」と言われたそうな。
・・・まぁ、ご本人が気に入ってくれたなら、いいか・・・・・いいことにしよう(汗)
おかげで落ち気味だった気持ちも、ちょっとほぐれたよ(笑)

さてさて、今日は本当ならとっくに入稿してるはずの原稿が、またも!遅れて!明日になるとの連絡。
ふぁ~~~~~~( ̄ェ ̄;)
とりあえず別件の仕事をお昼までに提出し、その後はオフとなりました。
しかし・・・
明日からが怖いです・・・・・・・
スポンサーサイト
Secre


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

酔い痴れる

本日は(というか もう日付変わって昨日ですね)小曽根真さんと 塩谷哲さんの PIANO DUETを 聴きに行ってまいりました。場所は札幌コンサートホールKitaraの大ホール。う~ん 以前 古澤巌さんを 見に行って以来だから 何年ぶりかしらん。今日は 朝から 断

小曽根 真 (Makoto Ozone) ~ブログ内検索~

小曽根 真 (Makoto Ozone) ジャズピアノ奏者/作編曲家 小曽根真(1961~)は兵庫県神戸市出身。ジャズピアノ/オルガニスト の父小曽根実の影響で独学でハモンドオルガンを弾き始める。6才 の時初めてテレビで演奏を披露し、7才になると隔週でレギュラー 番組をもつようにな

The Trio (Makoto Ozone The Trio)

Jazz-Piano : ★★★★☆ The Trio 記念すべきThe Trioの処女航海。 小曽根真、The Trioとしての1997年のデビューアルバム。 1996年に結成した小曽根真 The Trio。本作は結成翌年の1月に発表されたデビューアルバムであるが、The Trio 結成の背景には、ユニークな

So Many Colors (Makoto Ozone The Trio)

Jazz-Piano Trio : ★★★★★ SO MANY COLORS So Many Colors! 小曽根真The Trio、2001年録音の通算6作目の作品。 The Trioとしては6作目、小曽根真のリーダー作としては15作目となる本作は、ベースに新たにジェイムス・ジーナスを迎えて、小曽根真(p)、ジェイム

プロフィール

yoh

  • Author:yoh
  • 好きなモノ・・・
    鳥さんと、音楽と、
    本と映画と美味しいお酒。

フリーエリア

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。